くましろ薬局 笑顔でつなぐ安心と信頼
くましろ健康コラム
健康長寿の秘訣は歯科にあり!?





歯科医療の重要キーワード
「オーラルフレイル」
「人は口から老いる」という事を聞いた事はありますか。これは、“オーラルフレイル(お口の虚弱)”という新しい概念です。「80歳で20本の歯を保とう」という8020運動に加えてオーラルフレイルは確実にこれからの歯科医療の重要キーワードとなってきます。「最近、滑舌が悪くなった」「食べこぼしが増えた」など些細な変化がお口の衰えの始まりかもしれません。変化を感じたらかかりつけの先生に相談してみましょう。定期的な受診により、自分では気づかない変化に気づくこともあります。まずは、ブラッシングを励行しお口の中を清潔に保ってください。歯を喪失してしまった方はそのままにしてお口の健康をおろそかにしていると、食べやすい食品だけを選ぶようになり、噛む機能が低下してしまいます。それだけでなく、社会性の低下(人との繋がり)も招いてしまうこととなります。噛むことは当然のことと思われるかもしれませんが、本当に大事なことです。自分の歯を喪失したら早めの受診で、噛むことを回復させましょう。
義歯による認知症予防
今後の心配事のひとつに認知症がありますが、こういうデータがあります。
歯を喪失したまま義歯を使用しない人は、認知症発症リスクが高くなる、つまり、ほとんど歯がなくても義歯を使用してしっかり噛む人は脳がよく働き認知症発症が少ないということです。認知症は発症してからだと義歯の使用また製作自体が難しくなります。義歯をお持ちの方はまず今の自分の状態をチェックすることから始めましょう。中には総義歯だから仕方がないと、お寿司をお箸で切って奥歯に入れたり、おせんべいを割って食べたりして諦めていませんか?定期的な受診で、噛めるお口を保ち、年齢を重ねても美味しくご飯を食べましょう。
健康長寿のために
嚙める口作り

グリコの広告に“前歯で噛むと脳血流量がアップ”という記事があります。たとえ総義歯の方でもリンゴを前歯でガブリとかじり、しっかり奥歯で咀嚼できると気持ちも若返ります。幾つになっても好きなものを食べ、お友達と楽しくおしゃべりをして過ごしたいですよね。それはきっと私たちの元気の源です。かかりつけ歯科医は“しっかり噛める口”のお手伝いをします。食べることは生きる力を支えます。健康長寿の鍵は今後歯科にあるかもしれません。食事の基準を「食べられるもの」から「食べたいもの」にしていきたいですね。
医療が発達した今、命は救われることが増えました。今後必要なのはその後の生活です。日常に戻った時にしっかりと食事をとれるお口を持っているかどうかで、その後の生活は大きく変わります。お伝えしたい事はただ一つ、元気なうちに”噛める口作り”を行う、それこそがこれからの皆様の転ばぬ先の杖に必ずなると思います。




くましろ薬局 笑顔でつなぐ安心と信頼

株式会社神代薬局
〒840-0023 佐賀県佐賀市本庄町袋286-5
Sagan Square Build.4F
TEL 0952-23-5440(代表)


Copyright(C)Kumashiro Pharmacy Corporation,All Rights Reserve