くましろ薬局 笑顔でつなぐ安心と信頼
くましろ健康コラム
気をつけていますか?目の病気
中高年に多い目の病気と予防について


白内障
 「白内障」は目の中でレンズの役割をする「水晶体」が白く濁る病気です。
 年齢が高くなるにつれて増えていきますが、最近では糖尿病やアトピー性皮膚炎などの病気との合併症などで若い人にも増えてきています。また、栄養状態の良くない地域では発症年齢が若年化しているという報告もあります。


Qなぜ白内障はおきるのか?
 もっとも多い原因は加齢です。50代より増えはじめ80才以上では大部分の人に白内障が発症していると考えれられています。ただし、 症状の程度には個人差があり、すべての人に視力障害があるわけではありません。
 加齢以外の原因は、病気との合併症(糖尿病やアトピー性皮膚炎など)、薬の影響や目の外傷、太陽の光、生まれつきによるものなどがあります。
Q代表的な症状は?
 物がぼやける、まぶしく感じる、物が二重三重に見える、目のかすみ、左右の目で明るさが異なって見える、暗い所で見えにくい、視力低下などがあります。
Qどういう治療方がありますか?
 白内障の治療法は、主に「経過観察」「薬物療法」「手術」です。  「経過観察」では、定期的に受診して白内障の状態をチェックします。日常生活に不便を感じなければ進行状態を確認していきます。
 「薬物療法」では、白内障の進行を遅らせる目的で点眼による治療が行われます。点眼による治療は症状を改善したり、視力を回復させることはできません。
 「手術」では、濁った水晶体を取り除いて「眼内レンズ」という水晶体の代わりになるレンズを入れます。レンズには種類があります。手術後の見え方について医師と良く相談し、選択することが大切です。
Q日常生活のポイントは?
 白内障の進行には個人差があります。全身を若く保つことで目のアンチエイジングにもなります。次の事には特に注意しましょう。

★POINT

【紫外線や人工光に注意】
強い陽射しは避け、日頃からUVカットのサングラスや帽子、日傘などを使用しましょう。
また、テレビ、パソコンのモニターなどから出る人工の光の中に含まれる青色光が、目に酸化ダメージを与えるという研究結果もあります。長時間見続けないようにしましょう。

【バランスのよい食生活を】
偏食をせず、栄養バランスのよい食生活を心掛けましょう。ビタミンC、ビタミンA、カロテノド多く含む緑黄色野菜を食べることをおすすめします。

【ストレスをためない】
ストレスは万病のもとです。適度な休息、睡眠を心掛けるようにしましょう。

【タバコはエイジングを加速させます】
目の中には多くのビタミンCが含まれていますが、喫煙により体内のビタミンCが破壊されると、目にもよい影響を与えません。若さと健康のために禁煙しましょう。



加齢黄斑変性
 「加齢黄斑変性」は加齢などによって「視細胞」が多く集まる網膜の黄斑部に障害が起こる病気です。50歳以上に多く年齢とともに増加します。欧米では中途失明の原因一位を占めています
 主に2つ(滲出型・萎縮型)に大別されます。滲出型は、新生血管と呼ばれる非常にもろい血管が脈絡膜から網あ膜に向かって伸びてきますが、非常にもろいため血管壁から血液成分が漏れ出したり、破れたりして黄斑部が障害されます。萎縮型は、網膜色素上皮細胞が萎縮し、視細胞が減っていきます。萎縮が進むと黄斑の視細胞に障害が起こります。


Qなぜ加齢黄斑変性はおきるのか?
 加齢黄斑変性の原因は、加齢の他に遺伝的体質や喫煙、生活習慣などがあります。
 ビタミンC、E、カロテノイド、亜鉛、ω-3多価不飽和脂肪酸などの抗酸化成分の欠乏は加齢黄斑変性のリスク因子であることが知られています。
 太陽の光に含まれる青や紫の光には、細胞を傷つけ加齢黄斑変性を誘発すると考えられています。
 特に、喫煙の影響は非常に大きく加齢以上に悪化させます。
Q代表的な症状は?
 物がぼやける、まぶしく感じる、物が二重三重に見える、目のかすみ、左右の目で明るさが異なって見える、暗い所で見えにくい、視力低下などがあります。
Qどういう治療方がありますか?
 萎縮型は、治療法が確立していないことや進行も遅いことなどから定期的に検査をして経過観察が基本です。
 滲出型は、抗VEGF療法、PDT(光線力学療法)、レーザー治療が主な治療法です。
 どの治療法を選ぶかは医師よりメリット、デメッリトを良く聞いたうえで選びましょう。
Q日常生活のポイントは?
 加齢黄斑変性は加齢との関わりが深い病気ですが生活習慣を改善することで危険因子をさけることができるものもあります。

★POINT

【老化を早める紫外線から 目を守ろう】
紫外線は目には大敵!日差しの強い日はUVカットのサングラスや帽子、日傘などでしっかりガード。

【発症リスクを高める喫煙は控えめに】
タバコは血液中の抗酸化作用をもつビタミンCなどを減少させてしまいますので、なるべく禁煙しましょう。

【バランスのよい食生活を】
黄斑の部分に多く存在するルテインは、カロテノイドの一種で加齢黄斑変性の予防や視力改善の効果が期待されています。体内ではつくりだせないため、ほうれん草やにんじん、かぼちゃなど緑黄色野菜から摂取しましょう。また、加齢黄斑変性は、亜鉛の血中濃度との関連も指摘されています。ルテインや亜鉛を含む抗酸化成分が多く入った食品を食べるように意識しましょう。不足分はサプリメントを上手に活用するのもよいでしょう。

くましろ薬局 笑顔でつなぐ安心と信頼

株式会社神代薬局
〒840-0023 佐賀県佐賀市本庄町袋286-5
Sagan Square Build.4F
TEL 0952-23-5440(代表)


Copyright(C)Kumashiro Pharmacy Corporation,All Rights Reserve