くましろ薬局 笑顔でつなぐ安心と信頼

 

くましろ健康コラム
軽く見ていると大変なことに!
皮膚疾患につながる虫刺され
アレルギー性鼻炎

虫刺されは、虫が刺す、咬む、または触れることによって生じる皮膚の炎症を指します。
虫刺されによる痒みは、アレルギーが関与していますが、その反応には2通りあり、すぐに症状が出て1~2時間で軽快する(即時型アレルギー)と、数時間後に生じ、場合によって1~2日間痒みや腫れが持続する(遅延型アレルギー)があります。
今回は、蚊やブヨ、アブ、蜂、ダニ、ノミなどの虫刺されではない皮膚疾患について紹介します。

毒毛虫による皮膚疾患

これからの時期、毒毛虫に触れた皮膚疾患が多くなってきます。
チャドクガ、モンシロドクガの成虫などは、直接触ったりしなくても、毒針毛にさされて発症します。毛虫がいる木の近くを散歩していたり、草むしりなど作業をしていたり、あるいは洗濯物を干してあったなどで、毒針が飛んできて、刺される事があります。
チャドクガは、年2回(6月から7月と9月から10月)発生し椿やサザンカなどにつきます。
首や腕などの露出部に赤い丘疹ボツボツができ、強いかゆみを伴い、次第に服に隠れていた体の方に広がってくることが多いです。
治療は、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などを内服や、ステロイド外用剤を使用します。
早い段階で、ガムテープなどを使用して毒針毛を取り除いたり、石けん水などで洗い流すなどの処置をすると症状が軽くすみます。また、その時に着ていた衣服は、そのまま洗濯せず、50℃のお湯に浸け置き洗いや乾燥機を使用しましょう。

通称「やけど虫」による
線状皮膚炎

線状皮膚炎も、これから夏場にかけて多く見られます。
あまり聞かない病名かと思いますが、アオバアリガタハネカクシ(やけど虫とも言われます。)というアリに似た虫による皮膚炎です。この虫は刺すのではなく、体にペデリンという毒を持っており、この虫が、ヒトの皮膚にとまって、払いのけたりした時に、この体液によって皮膚炎を生じます。その形が線状をしているのでこの名前があります。体液が付着してから、数時間から1日して発赤や小さな膿をもったぶつぶつが出来ます。数日経つとただれたように(やけどの様な)なります。
昼間は草むらなどの湿った場所にいますが、夜間に灯火に飛来し、網戸をすり抜けて室内に入って来ることがあります。
治療は、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤、抗生剤などの内服薬が処方されますが、ステロイド外用剤が主体となります。きちんと治療しないと痕を残すことがあります。もし、アリに似た虫が皮膚にとまっていたら、絶対に潰さないでください。体液が付いたと思ったら、すぐに洗い流しましょう。目に入ったら失明する可能性もありますので注意してください。

知らないこといろいろ
ステロイドってなんだろう?

ステロイド外用剤を一度使用すると、
やめられなくなる?

 ステロイド外用剤は炎症を抑えるお薬で、病気そのものを治すものではないので、症状に合わせてステロイド外用剤を使用します。病気によっては、お薬を直ぐに止める事が出来る場合があります。
 その逆に、長期にわたって治療を続けなければならい病気もありますが、症状にあわせてステロイド外用剤を使用し、使用量も、症状の改善する事で、次第に少量にすむようになります。副作用が起こらないように、お薬を上手に使っていきながら、症状を改善していきます。


ステロイド外用剤を中止すると、
リバウンドが起こる?

 慢性の病気では、症状が落ち着いているように見えても、病気としては続いているわけです。自分の判断で、ステロイド外用剤をはじめとした治療を中止すると、病気が再び勢いを増して、時にはとてもひどい症状になってしまいます。これをステロイド外用剤のリバウンドと一般的に呼んでいる事がありますが、これは間違いで、中止の仕方が適切でないために、単に元々の病気が悪化したものです。自分の勝手な判断でお薬を中止することなく、医師の指示通り、上手に減らしていく事が大切です。


ステロイド外用剤を一度使用すると、
やめられなくなる?

 ステロイド外用剤は炎症を抑えるお薬で、病気そのものを治すものではないので、症状に合わせてステロイド外用剤を使用します。病気によっては、お薬を直ぐに止める事が出来る場合があります。
 その逆に、長期にわたって治療を続けなければならい病気もありますが、症状にあわせてステロイド外用剤を使用し、使用量も、症状の改善する事で、次第に少量にすむようになります。副作用が起こらないように、お薬を上手に使っていきながら、症状を改善していきます。


妊娠中や授乳期に
ステロイド外用剤を使っても大丈夫?

 ステロイド外用剤は炎症を抑えるお薬で、病気そのものを治すものではないので、症状に合わせてステロイド外用剤を使用します。病気によっては、お薬を直ぐに止める事が出来る場合があります。
 その逆に、長期にわたって治療を続けなければならい病気もありますが、症状 にあわせてステロイド外用剤を使用し、使用量も、症状の改善する事で、次第に少量にすむようになります。副作用が起こらないように、お薬を上手に使っていきながら、症状を改善していきます。

 

くましろ薬局 笑顔でつなぐ安心と信頼

株式会社神代薬局
〒840-0023 佐賀県佐賀市本庄町袋286-5
Sagan Square Build.4F
TEL 0952-23-5440(代表)


Copyright(C)Kumashiro Pharmacy Corporation,All Rights Reserve