くましろ薬局 笑顔でつなぐ安心と信頼
くましろ健康コラム
花粉症だけじゃない!
鼻のムズムズの解消法をご紹介。
アレルギー性鼻炎

通年性と季節性があり、季節性の代表的なものに花粉症があります。
花粉症は罹患する方の数も多く、耳にする機会も多くなってきました。

鼻炎はなぜ起きるのか?

人間の体には免疫という機能があります。体の中に異物が入ってきた時にそれを特定し、排除する働きをします。一度体内に侵入した異物に対応するための自己防衛の機能です。
しかし、この免疫機能が過剰に働いてしまう場合があります。身体に害のない物も異物とみなし、身体にとって不都合な自己防衛(免疫反応)を引き起こす事があります。
この不都合な自己防衛(免疫反応)のことをアレルギーと言います。アレルギー反応を引き起こす原因物質のことをアレルゲンと言います。
花粉症における花粉=アレルゲンです。通年性ではダニ、カビ、ハウスダストがアレルゲンとなります。
アレルゲンの種類は右記以外にも様々で、どのアレルゲンに対してアレルギー反応を示すかは人によって異なります。

アレルギー性鼻炎か、
その他の鼻炎か?

鼻炎の症状(鼻水、くしゃみ、鼻づまりなど)がある場合に、それがアレルギー性鼻炎なのか、ほかの原因によるものかは鼻の粘膜の腫れ方、血液検査を行うことで調べることができます。
また、アレルギー性鼻炎と診断されたら、さらにその原因となっているアレルゲンは何なのかも皮膚テスト、血液検査で調べることが可能です。

害のない物質なのに攻撃!
それがアレルギー反応


対策

自分にとってのアレルゲンが特定できれば、できるだけ、アレルゲンに触れない様に、こまめな部屋の掃除、洗濯、清潔を保つことで、ある程度アレルゲンと触れる機会を減らすことが可能です。 それでも完全にアレルゲンに触れないということは難しいです。 そこで症状を緩和する目的で、薬を使った薬物治療があります。

治療

薬物治療

飲み薬による治療、点鼻薬を用いた治療法があり、アレルギー性鼻炎の治療法の中で広く使用されていて、効果も高いとされています。
薬の種類にも抗アレルギー薬、ステロイド薬、漢方薬などがあります。
飲み薬をつかうか、点鼻薬を使うか、またどの種類の薬を使うかは、症状の度合いやライフスタイルに応じた選択がされます。

 

新しい治療法

通常の薬物療法に加え、舌下免疫療法という治療法が登場してきました。
これは、ごく少量のアレルゲンを長期投与(2~5年)し、抵抗力をつけて鼻炎の症状を軽減させる治療法です。
治療を行った一部の方で緩解できる場合もあります。また、緩解にはいたらなくても、7割程度の方で症状の軽減ができたとされています。
今のところ、対象となるアレルゲンはスギ花粉とダニのみですが、治療の選択肢が広がりました。

 

ある一定の時期だけ鼻炎の症状があって花粉症かな?と感じたり、
年中鼻炎の症状があって悩まれている方は、
一度耳鼻科などを受診して相談してみましょう。

くましろ薬局 笑顔でつなぐ安心と信頼

株式会社神代薬局
〒840-0023 佐賀県佐賀市本庄町袋286-5
Sagan Square Build.4F
TEL 0952-23-5440(代表)


Copyright(C)Kumashiro Pharmacy Corporation,All Rights Reserve